2015年09月05日

山梨のソアラ

F4191BF7-E3F8-4D67-A426-0C391DCC3E2C.jpg
また、久しぶりの投稿になってしまいました。
放置が多くてゴメンなさい!

今年のお盆期間は福岡、福島、山梨と行かせていただき、他府県の皆様から仕事をさせていただきました。
ありがとうございます。
(全て、車載トラック日帰りだったのでいい年のオッサンにはちょっとキツかったです。)

さて、BBSホイールが美しい写真の昭和60年式ソアラは山梨在住のソアラ仲間のMZ12です。

今回、このソアラは車検と車検に合格するために以下の作業をさせていただきました。

大丸1️ 白煙多くバルブステムシールの交換
(当店ではシリンダーヘッドを下ろさずにステムシールの交換ができます。ついでにタイミングベルトとウォーターポンプも交換)
大丸1️ スピードメーターが動かず修理
大丸1️ オドメーターが動かず修理
大丸1️ 車高が低くて車検通らない?
大丸1️ 走行しても自動でドアロックできない

ドアロックはともかく、白煙が結構出ていて、スピードメーターとオドメーターが動かない、車高が低いでは車検に通りません。

オーナー様もどうしようか迷っておられました。

以前にイベントでお会いした時に『いま、この場でお預かりしてもいいですよ。』と申し上げていましたが数日後に作業内容の打ち合わせとだいたいの費用をお伝えして、お盆にお預かりさせていただきました。

遠方のオーナー様が交通費をかけてまで当店にご依頼いただいているので『お値段以上』のオマケ作業をさせていただいて、今日、納車させていただきました。

自走でお届けさせていただくのは好調の証しにもなるからなんですがソアラで高速を走るのは『チョー、キモチイイ〜。』(もう古いですか?)

S様、ありがとうございました。
旨い晩御飯もご馳走さまでした!

10月に伊豆で開催されるファーストソアラ オーナーズクラブのオフ会での再会を楽しみにしています。

posted by 店長 at 20:43| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

長野県のSOCにきました。

7A822E89-7C37-4C4E-B589-0032B40112CB.jpgみなさま、こんにちは。

台風11号の影響が心配されましたが日頃の良い行いのおかげ?か日焼けするくらいの好天に恵まれたオールソアラのミーティングにきています。

長野県のチロルの森というマイナスイオンにあふれたとても気持ちの良い場所に初代から4代目までのソアラが集合しています。

10系ソアラは26台集まりました。
それぞれ個性的でこだわりがつまったソアラばかりなので見ていてとても勉強になります。

20系30系40系もじっくり見させていただいてます。

posted by 店長 at 12:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

長野県のイベントにきました。


C8739381-3D94-41BA-B006-B31B075856C2.jpg

おはようございます!
店長ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は長野県のエムウェーブで明日まで二日間開催されている『ノスタルジック カー フェスティバル』に57年式のリミテッドエディションを並べにきました。

ソアラ仲間の皆さんと合わせて10台並びました。

国産、輸入車問わず、マイクロカーまでたくさんのノスタルなクルマを屋根の下で見ることができます。

お越しになられる方がおられましたらお気軽にお声掛け下さい。
posted by 店長 at 09:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

広島の旧車イベントにきています。

05FF4A3D-D29D-427C-91A6-82DF376EC876.jpg
みなさん、こんにちは!
今日はソアラ仲間と広島の旧車イベントにきています。
広島はこれ以上ない!というくらいの良い天気で多くの旧車が集まっていて楽しんでいます。

私は中国地方のイベントにきたのは初めてなんですが地元ナンバーをはじめ、四国や九州のナンバーが多いですね!

ここで見るクルマたちは主催のクルマ屋さんの影響かシャコタンに始まりホイール、マフラー交換が最低限の仕様で『硬派』なイメージを感じます。
オリジナルのカラーリングも多く、ほとんどのクルマがとてもキレイ!

若いオーナーや女性オーナーもちらほら見かけます。

34107601-E3CF-44B8-8269-9BF67B5AE8C3.jpg

私が親しくお世話になっております10系ソアラのオーナーズクラブ『359B』の皆さんのソアラ達です。
今回は11台集まりました。
手前のソアラはスカイラインGTRのエンジン『RB26』が載っています。
359Bの皆さんのソアラもどれもみな個性的でほとんどのクルマがマニュアル車なんです。




posted by 店長 at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

最近、頭が寂しくて・・・


A7A87FF4-0DD2-4472-9122-FEE9635133D9.jpg皆さん、こんにちは!
桜も満開で気候もいいので通勤の道中すら、楽しくなりますね。

私たちの仕事で暖かくなるとやってくるのがエアコン修理です。
昨日、今年のエアコン修理第一号がありました。
花粉症と戦いながらの作業はツライ!
思いっきり、泣かされてます・・・

写真はお客様からお預かりしています昭和59年式 TA63のカリーナGTーTRです。

ルーフのサビがひどく、アナーキー(穴あき)なカリーナ君でした。
過去に修理もされたそうですが一年でサビが復活したそうで、以前から『交換がベストだね〜。』といっておられました。
(お客様は神奈川の方です。関西人なら『ベストやね〜』ですね。)

しかし、A63型は4ドアすら少ない車種なのに、お客様のはさらに少ないハッチバックです。
交換するためのルーフどころか部品取り車すらそうそうあるわけもなく、夢物語になっていました。

しかし、お客様の日頃の行いが良いせいか、ヤフオクにどんがらボディーがでてきました。

丸車ではなく、パーツを取り外したどんがらボディーの出品なので価格もリーズナボー!
ハコ替えまで考えておられたので奇跡です!

必要なのはルーフだけなので落札後にルーフだけ送ってもらいました。

本来ならピラーの下部でボディーと切り貼りをするのですが手違いでピラーの上部でカットされたルーフが送られてきました。
ピラー上部で切り貼りすると強度が心配なので仕方なく上面の鉄板一枚だけ交換します。

911210AB-3AB9-445A-8C01-03A5BF7DBF8B.jpg

骨組みから切り離してこの状態にするのは大変でした。

あとは貼り付けて塗装です。

T様、もう少しで数年の苦悩が終わりますよ。



posted by 店長 at 13:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

恐怖のお・も・ら・し

001-1.jpgこんにちは!
コレクションカーズの店長Aです。

先日、お客さまから「ナビつけるんやけど車速信号をどこから取ったらいいのかなぁ?」とご相談のお電話をいただきました。

お客様の車は昭和57年式ソアラ2.8GTリミテッドエディション。
いま、当店が売りに出しているソアラと同じ最上位グレードで10系ソアラの中でも残存数が少ない貴重な車です。

信号の取り出し位置をお返事させていただいたあとにまたお客様から電話がきました。
「ナビをつけようと思ってフロアカーペットをめくったら、オーディオの奥から緑の液体が・・・」
お客様の言葉が切れ、少し間を空けてから、「これって、冷却水、やんねぇ?」とゆっくりと失望したような声で尋ねてこられました。

ピンポン!ピンポン!ピンポーン!
ハイーッ、正解です〜っ!

と、喜んでいる場合ではありません。

ダッシュボードも取り外さないと交換できない「ヒーターコア」に穴が開いて「お漏らし」するんですぅ〜。

004-1.jpgここまでやらないとヒーターコアは交換できまっせん!

手間がかかる=工賃が高い
ということですのでお客様にとってはまさに悪夢の故障です。

同様に高価な作業で「タイミングベルト交換」がありますがこれは今後も気持ちよく乗りつづけるための作業なのでオーナー様の意識としても「まぁ、しかたないな〜」と納得できると思うのですがヒーターコアからの冷却水漏れは予期せずある日突然襲ってくる「恐怖」「悪夢」なトラブルです。

できることならならないでほしい故障ですが10系ソアラでしたら一番若い昭和60年式でも30歳。
いつお漏らしが始まってもおかしくない「お年頃」です。

冷却水漏れに気づかず走り続けると「オーバーヒート」が待っています。
早期発見が肝心ですのでたまには運転席と助手席のフロアカーペットをめくったり、エンジンが冷えているときに冷却水の点検をお勧めさせていただきます。

なお、10系ソアラ用のヒーターコアは生産中止にはなっていませんがトヨタ共販で常に在庫がある部品でもありません。
今回も一応問い合わせましたが「在庫無し、納期未定」でした。
注文してから生産するようで納品まで時間のかかる部品になっています。

006-1.jpg当店では以前に作成したヒーターコアがあるので今回もこれですぐに修理にかかれます。
左が製作した新品で右はまだ軽症ですが今回のお漏らしヒーターコアです。

今回のソアラは緑色でしたが冷却水に入っているLLC(不凍液)には色に種類があります。
赤、青、緑が主なLLCの色で性能はおおむねどれも同じです。

車内や駐車場の床に赤や青もしくは緑色の液体を見つけたら「冷却水が漏れている」可能性が高いのでそのままにせず早く修理にお出しいただけますようお願いいたします。
そのままにしておくと二次トラブルにつながりますし(冷却水漏れならエンジンのオーバーヒートになります。)、早期に修理するほうが修理費用が安く上がることが多いですよ。

posted by 店長 at 17:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

ソアラ GZ20 GTツインターボ


9D889CE3-B196-4B1A-AE59-83FB502B612E.jpg

ホリバー様
いつもお世話になっております。
コメントもありがとうございます。
どのソアラにするかはまだ未定ですが5月の長野のイベントは私も今から楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いします。


さて、写真は昭和62年10月登録の前期ツインターボです。
知り合いの同業者さんからのご依頼で購入しました。
フルノーマルで走行距離86000キロのワンオーナー車で程度もいいソアラなんですが書類がないため、どうしようかな?と思案中です。

GZ10にお乗りでエンジンのパワー不足を感じておられるそこのあなた!
ツインターボどうですか〜?
載せ換えますよ〜。
1JZほどのパワーはもちろんありませんが今までと違うソアラが楽しめますよ〜。

posted by 店長 at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

福岡へ行ってきました。

023 改.jpg先週の土、日曜で福岡に行ってきました。
目的は写真のソアラの引取りでした。

10年ほど放置したソアラだそうでGZ10のツインカム24です。
エンジンはあたりまえですがかかるわけもなく、押してもビクともしません。
動くようにするために少し作業をして積載車に積み込みました。

今回は事故車のドナーになりますが部品取り車は本当に助かります。

不要な10系20系ソアラがありましたら「動く、動かない」「書類のある、無し」にかかわらず購入させていただきます。
また当方は大阪ですがどこへでも行きます。

06−6958−3355 コレクションカーズ 店長Aまでお気軽にお声掛けください。

ソアラ以外でもオッケーです。

今回は引き取りに行くついでにお世話になっている福岡在住のお客様にもお会いすることができました。
Y様、お風呂と食事をご馳走になりありがとうございました。
私がもう少し早くつければ露天風呂から玄界灘を眺めることができたのに遅くなってすみませんでした。

041 改.jpgこれはそのY様よりお預かりしていますMZ12です。

このソアラは「あんなことやこんなこと、あれもそれも」というくらい本当にいろいろさせていただいており、やっともう少しで完成です。

昨日は当店で製作した「光るスカッフプレート」を取り付けました。

取り付けるために左右ともシートを外します。
いい機会なので掃除機をかけました。
10系ソアラはこんな時でないとシート下が狭いのでキレイにできません。

掃除機をかけるだけでかなりキレイになりました。
10円見つけたことは内緒にしとこ・・・

posted by 店長 at 15:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに・・・

007.JPG

またまた放置してしまい、すみません。
本当に久しぶりに投稿できる時間ができました。

ソアラに限らず、相変わらずいろいろさせていただいていますがまず私自身ビックリしたことを。

年が明けて、1月2日の早朝に電話がかかってきました。
お客様が故障や事故をされることもあるので寝るときも電話は手元においています。
そういえば昨年は3日に故障の連絡が入り、レッカー出動したなぁ。

はじめて見る電話番号に出ると「車欲しいんやけど黒ハート」とのこと。
いたずらかな?と半分思いながら話をお聞きしていくとまじめそうな方がまじめにオーダーしてくれています。
10数年ぶりに車を買う上、中古車は初めてで買い方もわからん、とのこと。

なぜ当店にお電話をいただいたかを聞くと「スマホで検索したら出てきた」だって。
車のご希望などをお聞きして、最後に名前をお聞きしてビックリ!
なんと中学の同級生です。

地元で車屋をしているとこういうこともあるんですねぇ。
ご希望の車をご用意して見てもらう時が中学の卒業式以来、30数年ぶりの再会でした。
お互いに「オッサンになったなぁ。」の挨拶から始まり、昔話を楽しませていただきました。
I様 お買い上げありがとうございました。

写真はこれもまた久しぶりにカーセンサーに掲載した販売用の「ソアラ 2.8GTリミテッドエディション」です。
昭和57年の1年間だけ販売されたソアラ初のリミテッドでサンルーフつきなのでとても貴重な一台です。

前オーナー様がフェラーリの指定工場で塗装に百ウン十万円、程度のいい部品及び部品取り用の車体の入手にウン十万円、当店で行ったエンジンオーバーホールがウン十万円、レザーシートの張替えにウン十万円などなど、前オーナー様自身が納得できるソアラを目指してレストアされたノーマルにこだわったソアラです。

そんなこだわりのソアラにエンジンのオーバーホール&レストアで当店が関わらせていただいただけでとても光栄なことだったのですが前オーナー様のご好意で当店で販売することとなりました。

レストア後も乗らずに保管していたせいか、気になるところも少々でてきていますので時間ができたときに少しずつ手を入れていきます。
もし、お客様にお買い上げいただく時には、前オーナ様のこだわりを引き継げるように妥協なく整備をしてお渡しさせていただきます。

車検などで外出することも多々ありますのでご来店いただく際はお手数をおかけしますが事前にご連絡をいただけますようお願い申し上げます。

さて、今から食事をしてもうひとつ投稿させていただきますね。
posted by 店長 at 13:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

作ってみました、車高調編。


18CECFBC-76B7-47B3-B103-0ECE167C0534.jpg
お客様のリクエストで10系ソアラ用のフルタップの車高調を作ってみました。

お客様の元のストラットが左のモノでなんとノーマルサス一巻半!
一巻半カットちゃいますよ!
バネが一巻半です!

なんでも『博多仕様』はこんな感じだそうで超シャコタン仕様なのがお分かりいただけると思います。
しかし、純正サスが一巻き半ではショックは当然へたっていて乗り心地の良さ?は想像できますよね。

エンジン位置を上げるスペーサーを作っても走行中にオイルパンをこすってしまう低さでお客様も我慢の限界だったようで車高調のリクエストをいただくことになりました。
車高調のリクエストも当然『博多仕様』です。

『無茶いいまんな。』と思いながらも作ったのが右のモノです。

我ながら『おー、なかなかいい感じにできたやん!』と思いながら調整式のピロアッパーを組んでクルマに取り付けたら、てっぺんにある調整ダイヤルが『あっ、ボンネットに当たるや〜ん、オーマイガー!』

5011F310-99B4-4335-AF72-AF7CBB955F96.jpg

叫んでも仕方ないので写真のようにスペーサーを作成しました。

取り付けたソアラの写真のアップは控えておきますがお客様に満足いただける低さにできました。

時間ができたら普通の低さ?程度のモノも作ってみたいと思っています。


posted by 店長 at 19:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。